Blog

2017年3月

 

1月の協奏曲はとても楽しく終えました。

高校の部活で始めたチェロ。先生について本格的にはじめたのが高校3年の春。

きらきら星からやり直して、22年。

 

プロのオーケストラに入ること、母校のOBオーケストラで協奏曲を弾くこと

この二つは夢でした。

当時は叶わないだろうというネガティブな考えの方が自分の中で圧倒的に多く、

周りの人たちも始めた年齢の遅さに、無理だろうという人がたくさんいました。

音楽で生計を立てる・・・。

本当に大変なことです。

その不安は叶ったからといって消えるわけでもありません。

 

32歳でオーケストラに入り、39歳で協奏曲を弾けました。

それまでの期間は楽しいことがほとんどなかったです。

チェロを弾くことそれ自体は楽しいですが、あたりまえですが

修行の時代(今もそうですが)は苦しいものです。

 

これからも精進して、更なる高みを目指します。

1月は節目を迎えられたことに感謝しています。

この場をお借りして、これまでチェロの道を進む自身を

ささえてくれた皆様に感謝いたします。有難うございます。

そしてこれからも、どうぞ末永くよろしくお願いします。

 

というわけで、協奏曲の後も、コンサートは続きました。

どの公演も本当に楽しくて、充実していました。

 

オケ業務もありますが、3月末は津田沼でリサイタル。

4月頭はモスクワです。

春が待ちどうしいですね。

みなさまも素敵な春を!!